ハワイのきれいなビーチでフォトウェディング!おすすめのサロン&スタジオをランキング形式でご紹介♪

背中をキレイにしたい!ドレスが映える背中にするためのセルフケア

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/07/21

ハワイでフォトウエディングを挙げるなら、日差しに映える背中が大胆に開いたドレスに挑戦してみたいもの。こんなデザインのドレスはフォトウエディング以外にも通常の結婚式や披露宴でも人気です。普段あまり出さない部分を出すため、選ぶのを躊躇する人も少なくないでしょう。この記事では、気になる背中のセルフケア方法について解説します。

清潔にすることも大事だけれどゴシゴシ洗いは逆効果

背中のトラブルとして代表的なものにニキビがあります。背中は手が届きにくく、その上、目で見て確認することができないため、顔やデコルテほど充分にケアができません。そのためニキビができていてもなかなか気づけなかったり、知らないうちにニキビが大量発生したりすることもあります。背中にできるニキビを予防するには入浴時にしっかりと洗浄し、清潔を保つことが大切です。

ニキビは皮脂や汚れで詰まってしまった毛穴に、肌にもともと存在する常在菌が入り込むことによって発生します。したがって、ニキビを予防するには、余分な皮脂や汚れを充分に落とし、肌を清潔に保つことが重要です。とくに背中はシャンプーやリンスなどが残りやすいので、髪を洗ってから体を洗ったり、専用のブラシで洗ったりするなどの工夫が求められます。

しかし、清潔であることが重要でも、硬いボディブラシやタオルでゴシゴシ洗うのは逆効果です。肌は必要以上に摩擦を受けると、肌のバリア機能である角質を厚くして、肌を守ろうとします。これによって起こる角質肥厚は、くすみの原因となったり化粧品の浸透を妨げたりするといわれています。

つまり、良かれと思って一生懸命洗うことが、逆に肌の美しさを損ねる可能性があるということです。ニキビを防ぎたいからと、ゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、顔を洗うときと同じくらいの力で洗ってあげましょう。

万が一、正しいセルフケアを行っても改善できない、背中ニキビに悩んでいる場合には、ニキビではなく、マラセチア毛包炎を発症している可能性があります。マラセチア毛包炎はセルフケアでの改善が難しいので、皮膚科を受診し治療を受けることをおすすめします。

たるんだ背中にはストレッチや筋トレが効果的

フォトウエディングで美しいドレス姿を残すためには、たるみのないすっきりとした後ろ姿が理想的です。背中のたるみは、見た目年齢を大きく引き上げる要因のひとつです。ドレスにたるんだお肉が乗ってしまうと、せっかくのハワイで挙げるフォトウエディングが台無しです。

たるみを解消し美しい後ろ姿を手に入れるには、まずストレッチで肩甲骨や背骨周辺の筋肉をほぐすことから始めます。姿勢に気を遣っている人なら話は別ですが、多くの人があまり良くない姿勢で、日々を過ごしているはずです。悪い姿勢を続けていると、どうしても特定の筋肉に負担がかかり、凝り固まってしまいます。

一部の筋肉がこわばっていると、その部分が十分機能しなくなるため脂肪がたまりやすくなります。この状態を改善するために、まずストレッチで筋肉をほぐし本来の機能を取り戻すことが大切です。美しい後ろ姿を手に入れるためには、広背筋や大円筋など体の後ろ側にある筋肉に加えて、悪い姿勢が続いていると、こわばりがちな大胸筋や胸鎖乳突筋など、体の前側にある筋肉も同時にほぐしてあげると、さらなる効果が期待できます。

ストレッチの次に重要になるのが筋トレです。ストレッチによって筋肉のこわばりが解消できたとしても、姿勢を支える筋肉が十分に発達していないと、正しい姿勢を保ち続けるのは困難になります。姿勢が崩れれば、また新たなこわばりを生んでしまう可能性があるため、ストレッチと筋トレはセットで行う必要があります。とくにトレーニングしておきたいのが、背骨を支えて姿勢を保つ筋肉である脊柱起立筋や広背筋などです。

フォトウエディング直前にはムダ毛の除去も忘れずに

背中のニキビやたるみのケアは、一朝一夕では効果が出ないため、フォトウエディングを挙げることが決まったら、すぐにとりかかって欲しいセルフケアです。その一方で、撮影直前でも可能なセルフケアもあります。その代表がムダ毛のケアです。

通常の結婚式や披露宴と違い、フォトウエディングではそこまで背中を見られることがないので、多少ムダ毛が残っていても問題ないという考え方もできます。しかし、ムダ毛そのものが写らなくても、ムダ毛を除去することで背中全体がトーンアップするため、フォトウエディングであってもムダ毛を除去するに越したことはありません。

背中のムダ毛処理は自分では難しいので、セルフケアで行う場合には家族や友人、パートナーなどにお願いしましょう。無理して自分だけで行うと、思わぬケガにつながる可能性があるので避けたほうが無難です。

また、ムダ毛を処理した後は、十分に保湿ケアすることも忘れてはいけません。これを怠るとニキビなどの肌トラブルにつながるため、面倒でも保湿はしっかりするようにしましょう。ムダ毛処理直後の保湿は、処理を手伝ってくれた人にそのままやってもらうのがおすすめです。

しかし人によっては、ムダ毛の処理後しばらく乾燥が気になり、自分一人で保湿ケアをする必要があるでしょう。そのような時は、キッチンペーパーに化粧水を含ませて貼り付けたり、孫の手のような形をした、背中専用の保湿アイテムを活用したりするのがおすすめです。

 

ハワイで行うフォトウエディングで満足できる1枚を残すには、当日の撮影にベストコンディションで臨むための準備が重要です。普段あまり気にすることのない背中ですが、これを機会にしっかりセルフケアしてみるのもよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧